09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2006.10.28 (Sat)

人のため?自分のため?

今回の退職、

人のためだったのか、自分のためだったのか、わからなくなってきた・・・

もちろん、両方だったんだと思う。
でも人の傷みを自分の傷みの用に感じてしまう私にとっては、会社の人たちが、
多少なりともほっとしているんだろうなと思うと、少し、いやかなり複雑である。

“私はいいことをしたんだ”という思いもあり、
被害妄想的に表現するなら、“私は捨てられたんだ”という思いもある。

淋しいね。ほんと淋しい。。。

言葉にならないよ。

自分で自分のことを追い詰め、周りに迷惑や負担をかけていたことを気に病み追い詰め、
そして崩壊していく・・・

嫌な終わり方だ。
考えるだけで胸が苦しく、涙がこみ上げてくる。

全てが終わった今になって、なんでこんな不快で腹立たしい気持ちになるんだろう?
当面、この苦痛と闘うことになりそうだ。
10:54  |  心の揺らぎ  |  トラックバック(0)  |  コメント(6)

Comment

うーん(´⊇`)

どこにも属さなくなるって、意外と精神的に重荷になるんじゃん?
過去ログみる限り、退社の選択はいい答えだと思うよ。
今回の休憩の後、スッキリした自分に戻ったら、自分の活躍すべき居場所に出会えるって!
佳蓮010411 |  2006.10.28(土) 13:59 | URL |  【編集】

お疲れ様

sloeaさん。引越しお疲れ様。
ちょっと、ひとここちついたとき
無性にむなしくなったり、なにが本当かわからなくなったり。
結果、責任感が人一倍強いsloeaさんにとって「自分」を責めてしまうのだろうと察しております。

きっと今回の決断は、「自分のため」「人のため」の疑問にをも決着つけるため、いったんすべてをリセットした方がよかったんじゃないかな。
そして、苦しみながらでも今から見えてくることもまた本当なんだとおもいましょう。
その痛み、伝わってきて私まで涙がでます。
私も一緒に進んでいくから、Sloeaさんも少し自分を許してあげてください。
姫 |  2006.10.28(土) 19:31 | URL |  【編集】

佳蓮さん

ありがとう。
そうね。自分を傷つけなくなったんだもん。
それだけでもあの場を去って良かったんだって思わなきゃね。

そのことについても今書きかけの文章があるんだ。
書きあがったらアップするから、読んでみてね。
Solea |  2006.10.28(土) 22:26 | URL |  【編集】

姫ねえさま

私も思わず涙がにじんでしまいました。ありがとうございます。

改めて『自分』という存在に苦笑い。。。

責任感や徹底さを表に出すことは中3で止めたはずだったのに、
やっぱり根本は変わらないですね、当たり前だけど。

責任感が強い
自分に厳し過ぎる
もっと自分に優しく
もっと自分を甘やかして

周りの人たちから、何度その言葉をもらったことかv-321

でもいくら優しくして、甘やかしていても、それは結局表面上だけで、
心髄では認めていないんだと思います。

なんとかして自身に向けた刃を手放すように、
見方を少しずつ少しずつ変えていきたいですね。
Solea |  2006.10.28(土) 22:42 | URL |  【編集】

夜分きました

Soleaさんのブログを読み進んでいると ふと自分の内面を読んでいるような錯覚に捕われます(笑)。自分を許すことがなかなかできない私達は 本当はそんな自分を丸ごと包み込んでくれる誰かに許して貰えればいいのでしょうが、、あまりに相手が優しすぎると これまた自分を責めてしまうのでしょうな。。(苦笑)やはり 己の敵は己なのです。
不安の力(五木寛之)を一度読んでみてください!潔く不安を味方につけると私たちは前進できる!みたいな、興味深い内容です!
no name |  2006.10.29(日) 01:47 | URL |  【編集】

コメントありがとうございます。

しばらく落ち着いて忘れてさえしていた心の重たい感情がふっと顔を出し、
どうしていいがわからなくなって堪えきれず、リビングに下りてしばらく泣いていました。

教えていただいた本、参考にしてみますね。
Solea |  2006.10.29(日) 14:01 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://regeneration.blog77.fc2.com/tb.php/28-e720c7e4

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。