07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2007.12.16 (Sun)

80'sの魅力

ここのところ、何故か思い出したように昔好きだった洋楽を聴き漁っている。
私は完璧な80's世代。
巷でジャニーズなどのアイドルの話が盛り上がる中、ひとり洋楽にどっぷり浸かっていた。
部屋の壁はもちろんのこと、下敷き、生徒手帳、ありとあらゆるところに、
お気に入りの海外アーティストの切れっ端がびっしり(笑)
いや、あれはマジすごかった ( ̄∇ ̄;)
境目は小学6年生。
それまではクラシック大好き人間。テープがボロボロになるまで聴きつぶすくらい。
ところが、おそらくラジオだっただろう、、、、『オレ・タチ、カルタス。』でお馴染みの
スズキ カルタスCMソング、Tears for Fearsの“Shout”を聴いた瞬間、
私の中で何かが弾け、全身に鳥肌が立った。
そしてその時から、洋楽一直線の道を歩むことになったのである。(大袈裟な・・・)
勉強中は欠かさずラジオをつけるようになり、次第に新聞や雑誌で曲目を
毎日チェックして、とにかく録音しまくった。
1985年の年末には洋楽全集の番組を兄に録音してもらったりもした。
他のアーティストはそのテープを聴いて知り得たのである。
a-haを知ったのもそこから。
その頃からMTVも欠かさず録画するようになった。
ネットなんてない環境。
唯一海外の情報が得られる貴重な番組だった。
一気に洋楽の魅力にとりつかれたのを覚えている。
そんな感じでラジオ、MTV、グラミー賞、そんなのを片っ端から録音録画しまくっていった。

そして1年後(1986年)。またしてもスズキ カルタスにしてやられる。
Pet Shop Boysの“West End Girls”。
未だに映像を覚えているくらい印象に残ってる。
以降、彼らに関する情報収集にも没頭することとなる(笑)
知らない曲はほとんどないくらいレコード、ビデオ、時代が変わってCD、DVDを買い集めた。
それはもちろん今も続いている。

Tears for Fears
a-ha
Pet Shop Boys

こうして私にとっての3大アーティストが確立された。
大人になってから好きになったアーティストもたくさんいるが、
やはりこの3グループが私の基盤になっているのは間違いないだろう。

当時20~30代だった彼ら。今ではすっかりオジサンである。
でもそれぞれの声と音楽は不変。いまだに素晴らしい。
念願叶い、Pet Shop Boysと再結成したa-haは生で見ることができた。
後は、これまた再結成したTears for Fearsだけなんだが、、、、。
ということで、もう14年も前になる、ローランド・オーザバルだけとなった
Tears for Fearsの曲を1曲。
曲名はElemental。この物悲しい感じが好きなのだ。
現在46歳の彼。数年前カート・スミスと再結成し、CDを出している。
このプロモではまだ32歳。もうそんなに経つのかぁと、やや遠い目になる私・・・( = =)
19:14  |  多趣味だもんで (*´σー`)  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://regeneration.blog77.fc2.com/tb.php/321-a4aa7606

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。